政治・経済

少子化により進む廃校 その一方で進む廃校のRe活用 具体的な取り組みを学びます

日本は現在急速な少子高齢化社会を進んでおり、その進行の速さは世界の中でも深刻なレベルにあるといわれています。

少子高齢化による課題や問題点は、それはもう山ほどあると思いますが、ここでは「学校」というかなり狭いとこにスポットをあて、その取組などをを学んでいきたいと思います。

この記事の根拠資料

この記事は、主に次の資料に基づき構成しています。

日本における廃校の現状

みなさんもたまにTVで見かけたことありませんか?
たった一人の生徒が残った学校のドキュメントや、たった一人の卒業式といった特集を。

総じて素直な子どもたちが、健気にがんばる姿や地域との交流は微笑ましくもあり、ちょっと寂しい、そんな企画ですよね。

では、その子どもたちが去った後、学校はどうなるでしょうか?
そうです、最終的には廃校になってしまうことが多いのです。

日本では少子化の影響で廃校になった学校が、全国で6,800にのぼり、今でも年間500校が廃校になるといわれています。

アルコ
アルコ
今現在、全国の小学校数が約20,000校らしいから、かなりの割合になるねぇ
Cafe
Cafe
そうだよね。廃校になっていくスピードが早いけど、少子化である以上これを食い止める根本的な手立てもないだろうしね。
アルコ
アルコ
廃校になるってことは、その地域に子どもがほぼいないってことだし、地方の経済にとっても見通しが良くないってことだよね。よく言われる格差が広がるとかさ
Cafe
Cafe
確かにそうなんだけど、一方で廃校した校舎を活用して、地域を活性化して行こうっていう取り組みもあるんだ
アルコ
アルコ
へぇ~校舎を使ってどんなことが出来るんだろ?

「みんなの廃校プロジェクト」とは

文部科学省が主導する取組に「みんなの廃校プロジェクト」というものがあります。この取り組みは、廃校によって遊休施設となっている校舎などを活用しやすいよう、地方公共団体と民間企業等を橋渡し(マッチング)することを主な取り組みとしています。

みんなの廃校プロジェクトの仕組み 出典:~みらいにつなごう~「みんなの廃校プロジェクト」-文部科学省

アルコ
アルコ
なるほど~。情報を一元化することで、利用してもらいたい側と利用したい側をうまく繋げて、施設の有効利用を図ろうって試みだね。
Cafe
Cafe
そういうこと。これすごくいい取り組みだと思わない?
アルコ
アルコ
いいと思う!ちなみに、実際に廃校施設の活用ってどのくらいされているものなの?
Cafe
Cafe
それについてはデータがあるよ(H14年度からH27年度の廃校数6,811件に関する活用状況(H28.5時点)
施設が現存している廃校数 5,943校
活用されているもの 4,198校 70.6%
活用されていないもの 1,745校 29.4%
アルコ
アルコ
あ、もうちょっと低いと思ったけど、70%は何らかの活用がされているってことね
Cafe
Cafe
じゃあ、実際の取組内容を見ていこうか。特に印象深いものをまとめていくよ

 

具体的な校舎活用事例

むろと廃校水族館(旧 室戸市立椎名小学校)

むろと廃校水族館
出典:「月刊ひがしこうち」高知県東部観光協議会ブログ

むろと廃校水族館

https://twitter.com/murosui_kochi

なんと、校舎のプールを活用して水族館にしちゃいました!
鑑賞できるのは、シュモクザメにウミガメ!それを真上から眺めることができます。図書館も活用できるなど小学校感も満載です。
全国から多数の観光客も訪れているようです。

アルコ
アルコ
プールを水族館にするって、ありそうで、なかなか無い発想だね。やっぱ発想力って強いな~
Cafe
Cafe
小学校の風景って誰でも体験していることだから、大人になって訪れる校舎はノスタルジー感も手伝って、ウケるのかもね。
アルコ
アルコ
活性化っていう面でも、かなり成功している事例だと思う

 

のじまスコーラ(旧淡路市立野島小学校)

のじまスコーラ
出典:食べタイム Benefit One

のじまスコーラ

https://www.nojima-scuola.com/

校舎を利用して、地元野菜の販売や、おしゃれなカフェやレストランを運営!おまけに屋外には動物園まで併設されています。
地域に愛される人気のスポットになっています!

アルコ
アルコ
うわー、これはまたずいぶんシャレオツだね~。また裏手が山になっていてロケーションがいい!
Cafe
Cafe
ホントに近くにあれば、絶対か通っているやつだよね!運営主体は人材派遣のパソナグループだけど、やっぱり民間企業のセンスが入ると生まれ変わるね
アルコ
アルコ
白い校舎に赤って映える!

 

シェアキャンパス清海学園(旧勝浦市立清海小学校)

シェアキャンパス清海学園
出典:シェアキャンパス 清海学園

シェアキャンパス清海学園

http://seikai-gakuen.jp/about.html

シェアオフィスとして、リーズナブルな価格でコアワーキングスペースを利用することができます。海まで0分のロケーションを生かすことでワークライフバランスの充実を目指し、早朝サーフィンや家族でBBQなど。新しい働き方への提案も行っています。

アルコ
アルコ
室内は小学校っぽさも残しつつ、きれいなオフィスっぽくもなっているし、これもまた良い活用の仕方だね
Cafe
Cafe
単なるレンタルスペースではなく、ロケーションを生かした働き方までパッケージで提供するという方向性もいいね

まとめ

まとめ

少子化に伴い学校がどんどん廃校になっている現実の一方で、その施設を活用していこうという取り組みが活発に行われていることが分かりました。

この記事では大きく、2つの事柄が伝えられればと考えています。
① ひとつは社会の大きな動きとして、こういう取り組みがあるよ…ということ。
② もう一つは、廃校舎の活用事例には魅力的なものが多い、ということです。

活用の仕方は、食、働ける、泊まれる、体験できると様々ですが、それを小学校のロケーションで味わうことができるということがポイントです。
今回は具体的な事例を3例ご紹介しましたが、全国にまだまだ様々な取り組みがあります!
ちょっと行ってみたいなって思いませんか?
僕は、校舎の廊下、たくさん並んだ水道、黒板などを見るとちょっとノスタルジーに浸ってしまいそうです。

全国廃校活用MAPというものがあります。

是非、お近くに廃校舎を活用したスポットがある場合は、お出掛けしてみてはいかがでしょうか。