学び

勉強のモチベーション維持!お役立ちツールご紹介!

よし、あの資格を取ろう! … 資格取得に向けた決意、いいですね♪
参考書はこれにして♪   … 勉強の準備も何気に盛り上がりますね!
計画も立てながらっと♪  … 学習計画大事です!
後はやるだけ~♪     … がんばれーー!

(翌日)

Cafe
Cafe
よし、今日は2時間できた!なんか充実!

(三日後)

Cafe
Cafe
ふぅ~仕事の残業疲れたぁ…今日は勉強30分だけにしとこ

(一週間後)

Cafe
Cafe
あ、今日は観たいTVがあったんだった、う~ん、一日くらいいっか勉強休んじゃお

 

なーーんていう経験、みなさんもありませんか?

資格取得に限らず、モチベーションを維持しながら継続するっていうのは、思いのほか大変なことです
資格取得であれば、「試験日」という絶対的な期限がありますから、まだ目標設定しやすいかもしれませんが、これが趣味の習い事、ダイエット、学生さんであれば日頃の家庭学習などなど…続けることができない、三日坊主…誰しもが経験あると思います。

いや、いいんですよ。特に社会人の方は仕事が忙しい中、夜遅くまで勉強って大変ですし、根を詰めすぎて体調崩すなんて本末転倒ですからね。

でも、その取組をやる時間数に幅があってもいいですから、1日5分でも10分でも「継続」するっていうことに、すごいパワーがあると思うのです。

今回はそんな自分が実際にモチベーションを維持するのに役立った、ツールをご紹介したいと思います。

モチベーション継続に役立ったツール

三日坊主防止アプリ「みんチャレ」

三日坊主防止アプリみんチャレ」というスマホアプリがあります。
もう名前のとおり、そのまんまですね(笑)
このアプリは共通の目的をもった最大5人でチームを作り、日頃取り組んだことなどを報告し合うというものです。
自分は過去に資格取得をがんばるチームに加入したり、現在は楽器練習を行うチームに加入しています。

アプリ活用の流れ

①まず自分が参加したいチームを選択します。探し方はキーワード検索やカテゴリー検索などいくつかありますが、今回はカテゴリー検索により自分が継続したいテーマを選びます。
ここでは「勉強」を選んでみます。
みんチャレ画面①

②「勉強」カテゴリーの中に、更にジャンルが分かれていますので、目的のジャンルを選択します。ここでは「資格試験」を選択します。
みんチャレ画面②

③各チームが表示されます。左上に「満員」と表示されている既にチームが5人になっているものです。丸いアイコンをクリックすると、現在参加している方のプロフィール等を確認することができます。
また、お気に入りのチームが現在満員の場合は、ひとまず右上の☆マークをクリックしておくとお気に入り登録され、空きができた際に通知を受け取ることができます。
みんチャレ画面③

チームを選択すると、ページが切り替わり、加入ボタンをタップするとチームに加入です!
自己紹介後、お互いに励ましあう日々のスタートです!とっても簡単にスタートすることができますね。
また、自ら退出することも自由ですし、一定時間参加しないと退出となる「自動退出期間」がチームごとに設定されています。

このアプリの良いと思うポイント

人間って自分にはついつい甘くなりがちですが、友達や家族が頑張っている姿を見ると、「私もがんばろう」って自然に思えることが多いですよね!?
ある時は負けたくない、ある時は励まされ、ある時は逆に応援したいなどなど。

ただ、そうそう都合よく回りにそういう人がいるとも限りません。

このアプリは、本来誰しもが持っている「触発されて頑張る」みたいな環境を手軽に叶えてくれるものだと思います。しかも、目指す目的も共通しているため、共感力も万全です!

このアプリは退出も自由ですので、最初は5人居る同志が様々な事情で退出していくことがあります。自分が参加していたチームも1人、また1人といなくなりと、最終的に2人になったことがあります。その期間はしばらく続きましたが、なぜか不思議と同志感が深まったりしました。「みんな居なくなっちゃったけど、がんばろうな!」みたいな感じです。

どこの誰か…そういう詳しい素性は分からないもの同士ですが、不思議な結びつきも味わえる、そんな魅力のあるアプリだと思います。

三日坊主を克服するアプリ「継続する技術」

三日坊主を克服するアプリ 継続する技術」…これも名前そのまんまです(笑い)
やっぱり命名って変に凝らずに、シンプルな方が伝わるんでしょうね。
自分は過去にピアノ練習を習慣化するのに活用していました。

さて、このアプリも何かを継続するためのものですが、使い方はいたってシンプルです。
たった一つの目標を決め、達成したら画面をタップする。これだけです!

では、最初から設定していきたいと思います。
今回は最近子どもとやっているドラム練習を習慣化させていきたいと思います。
…資格取得の記事なのに、もはや資格関係なくてすみません(^^;

①まずは自分が取り組みたい目標を設定します。
継続する技術の画面①

②今回は「毎日ドラムを15分間練習する」にします。
継続する技術の画面②

③通知をもらうタイミングを設定することができます。 ここはちょうど目標に取組やすい時間を設定しておくのがポイントです。最初から無理のある時間を設定しても意味がないですからね。自分は夕食、お風呂が終わったタイミングである20時を設定しました。
継続する技術の画面③

④曜日の設定をします。毎日取り組みたい人はそのまま次に進みます。
継続する技術の画面④

⑤目標が設定できました!あとはやるだけです!
継続する技術の画面⑤

⑥こういう状態でスタンバイされています。
継続する技術の画面⑥
⑦練習を行ったら、画面の〇をタップするだけで、記録完了です!
継続する技術の画面⑦

このアプリの良いと思うポイント

まずこれでもかというくらい、超シンプルな設計になっており、よくありがちな「進捗を管理するための作業自体がめんどくさい」ということが一切ありません。

この辺は、そもそもが三日坊主を克服とうたってあるだけあって、人の心理をよく把握された作りになっていると思います。

目標を一つしか設定できないのも同様で、アレもコレもと欲張ったところで、結局どれも中途半端ってことがないよう、一つのことをとことん継続させたいという、開発者様の思いが伝わってきます。(実際アプリ内にそういう説明がありますよ)

 

まとめ

まとめ

今回は勉強方法ではなく、勉強自体を継続するためのお役立ちツールを紹介させていただきました。

人は何かとすぐに結果を求めてしまいます。
過去の自分を含めて、結果が出来ないからと途中であきらめたりすることも少なくありません。それはきっと、続けるためには労力がいるからでしょう。

ただ、やっぱり叶えたい夢が大きければ大きいほど、時間はかかるのだと思います。

その為には「継続は力なり」。何かをコツコツ続けるということは、最終的にはすごいパワーを生むものだと個人的には信じています。
今取り組んでいるブログも同じですね。長く続けていくからこそ、人にも見てもらえるブログになるだと思っています。

時に気持ちが続かない時があるかもしれませんが、こういったアプリの力もかりつつ、皆さんも何かを継続してみませんか。