政治・経済

TPP発行!でも農業の進化もすごい!農業の課題とスマート農業の今を学ぶ!

アルコ
アルコ
TPPが発行された事がニュースになっているね。関税が撤廃されるから野菜とかお肉が安くなるんでしょ?
Cafe
Cafe
輸入品が安く入ってくるし、競争原理も働くだろうからねからね
アルコ
アルコ
それ消費者にとっては助かるよね〜 でも日本の農業は大丈夫なのかな?
Cafe
Cafe
まぁ日本の農業って結構問題があるっていうことも聞くし、保護されていることは事実としてあるだろうから、今のままなら厳しい面もあるだろうね。でも今「スマート農業」といって農業にも技術革新が進んでいるみたいだよ。
アルコ
アルコ
ああ、前の記事でも少し勉強したよね。でも詳しい事例まではあんまり触れてないから、具体的なのが分かるともっと安心できるかも。
Society5.0 国が主導する少し先の未来 いつまでに何が実現するのか Society5.0の概要 Society5.0は内閣府のホームページで、次のように定義付けられています。 サイバー...
Cafe
Cafe
確かに!現状の問題点も含めて、スマート農業のこともっと調べてみようー!

 

スマート農業等に関する参考資料

この記事は、主に次の資料に基づき構成しています。

農業労働力に関する統計 ― 文部科学省
スマート農業の実現に向けた取組 ― 農林水産省
未来投資戦略2018 - 内閣府

その他(本文中で明記)

「日本の農業」その現状と課題

農業の様子
スーパーに行けば安く食材が手に入る日本では、普段さほど農業の事って深く考えないと思います。強いていえば冷夏や水害等で野菜の価格が高騰した場合などでしょうか。

でも、どうやら問題や課題はたくさんあるようです。
この辺は触れ始めたらとんでもなく深くなっていくと思うので、ここでは主な問題点に絞って概要をまとめていきたいと思います。

① 農業の後継者不足

まず農業に従事する人が年々減少しています。

農林水産省の資料によると、2010年に260万人いた農業就業人口が、8年後の2018年現在は175万人まで減少しています。
しかも175万人に占める65歳以上の割合は約70%に及びます。

では、新規で農業に従事した人はどれくらいかというと、2017年は5万5千人でしたが、ここ5年はほぼ横ばいといった感じです。

引用:農業労働力に関する統計 農林水産省

つまり、農業従事者の減少はこれからも続いていくという事です

 

アルコ
アルコ
うわぁ〜見事な右肩下がりだねぇ
Cafe
Cafe
現役世代に子どもがいない場合はまず世襲ができないし、子どもがいる場合でも、農業だと収入が安定しない、また労働に対して収入が見合わないなどの理由で、子どもが別の仕事に就くというケースも多いみたいだよ。かといって全く新規から農業に参入するのも大変みたい
アルコ
アルコ
なるほど〜、ちなみにどんどん減っていったら最終的にはどういう影響あるんだろ?
Cafe
Cafe
一般的には食料自給率の問題(日本の食料自給率)。やはり食は国の基盤だから、食料自給率が下がりすぎると、食は他国頼みになっちゃうよね。他国の都合で輸出を停止されたら?極端にいうと他国に生殺与奪権を握られることになる…というある意味国防上の可能性の話ね。また耕作放棄地が拡大することも問題視されているね。農地(ここでは水田とか)って雨水を貯めておく洪水防止としての機能もあって地域の安定に寄与している面もある。そういう今すぐどうこうっていう問題ではないからイメージがわきにくいけど、ジワジワ忍び寄って、気付いた時には…ていうことは考えておかなければいけないことだよね。
アルコ
アルコ
う〜ん、問題のスケールが大きすぎてイメージがわかない…

② TPPによる競争リスク

TPPが発行されると、海外から輸入された安い価格の農産物が流通する可能性があります。それによって国内の農産品が打撃を受けるという懸念があります。

アルコ
アルコ
主婦目線から見れば少しでも安い方を買うのは目に見えてるから、確かに農家の人にとっては厳しいんだろうね
Cafe
Cafe
そこは家計的に助かってます(笑)ただ影響はもちろんあるんだろうけど、逆に影響は限定的っていう見方もあるみたいよ。なんでだと思う?ヒント:日本の農作物のイメージといえば?
アルコ
アルコ
イメージ?やっぱり海外ものより品質がいいとか、安全、味とかかな?
Cafe
Cafe
そう正解!冴えてるぅ~今でも安全だから国産を買うっていう層は一定層いるからね。俺もやっぱり国産選ぶもん、めかぶとか
アルコ
アルコ
なんでめかぶw まぁでもこの辺はしばらく推移を見ないとなんともいえないなぁ〜
Cafe
Cafe
とにかくTPPは発行されたわけだけど、いろんな懸念に対して政府も手をこまねいているわけじゃなく、いろんな取り組みは進行してるから、それも知っておいた方がより安心できるんじゃない?

農業を強くするための政府の取り組み

現在、日本政府では「強い農業」を実現するために様々な取り組みを行っています。

未来投資戦略2018

未来投資戦略2018とは、安倍内閣が成長戦略として進めている取組の一つで、AIやIoTを駆使したこれからの社会「Society5.0」により、様々な分野を改革していくとしています。
様々な分野として無人自動運転の推進や健康寿命の延伸と共に、「スマート農業」の実現が謳われています。

Society5.0 国が主導する少し先の未来 いつまでに何が実現するのか Society5.0の概要 Society5.0は内閣府のホームページで、次のように定義付けられています。 サイバー...

未来投資戦略2018の中で、強い農業を実現するための目標が、達成期限として示されています。その一部は以下のとおりです。

いつまで 取組内容
2019年に 農林水産物・食品の輸出額1兆円を達成する(2017:8,071 億円)
2023年までに 全農地面積の8割が担い手によって利用される(2017 年度末:55.2%)
2025年までに 農業の担い手のほぼすべてがデータを活用した農業を実践

 

農林水産物・食品の輸出額1兆円達成

アルコ
アルコ
強い農業を象徴する目標が「輸出額1兆円を達成」だね。どんどん外にも日本の食品の良さを広めよう、そして稼ごうってことだからね。肝心の達成するためのやり方はどうなの?
Cafe
Cafe
海外のニーズに合わせて」っていうのが前提のうえで、
・生産者、商社、流通業者をマッチングする環境の構築
・海外の買い手が欲しいものを、欲しい量だけ、欲しい時期に輸出する「グローバル産地」の形成
なんかが行われているよ。あと日本産の農林水産物・食品のブランディングを高めるために、「日本食品海外プロモーションセンター(JFOODO)」って組織が設置されて、戦略的に日本産品のマーケティングを強化できるようプロモーションが進められているよ。


出典:日本貿易振興機構(ジェトロ)「日本食品海外プロモーションセンター(JFOODO)」

全農地面積の8割が担い手によって利用される

アルコ
アルコ
もう一つの「全農地面積が8割の担い手…」ってやつは、逆にいうと2017年末までは半分近くが休耕地だったってわけか…そう考えると確かに危機なのかも
Cafe
Cafe
そっちは「農地バンク」っていう取組が行われているね。
農地バンクは正式名称を農地中間管理機構といって、簡単にいうと農地を貸したい人と借りたい人をマッチングする仕組みで、これにより小口の農地を集約して大規模農家を行うことも可能になるんだ。ただし、今のところ目標のペースより遅れているようで、色んな問題点も指摘されているみたい。目標の8割達成にはより加速度的な対応を行う必要があると政府は認識しているね

農地バンクの仕組み
農地バンクの仕組み
出典:農地中間管理機構(農地バンク)とは  農林水産省

 

農業の担い手のほぼすべてがデータを活用した農業を実践

アルコ
アルコ
これがスマート農業としての目標ね。前の記事でも触れてたけど、全体の8割にデータを活用した農業を浸透させるって結構なハードルだと思うんだけどなぁ~
Cafe
Cafe
まぁね、でも目指すことろから始めないと、始まらないからね!ちなみにスマート農業を進展させていく取組は次の3本柱!
データ共有の基盤整備 農業データ連携基盤」を本格運用させ、データ連携する範囲を、生産から加工、流通、消費に至るバリューチェーン全体に広げる。
先端技術の実装 ・国、研究機関、民間企業、農業者が一体となって、現場ニーズを踏まえた先端技術の普及を目指す
・ドローンとAIの組み合わせによる農薬散布等
・自動走行農機等の導入による土地改良事業の推進
・スマートフォン等を用いた栽培・飼養管理システムの導入
・農業データ連携基盤を介した、農業者間での生育データの共有
やきめ細かな気象データの活用等による生産性の向上
スマート化を推進する経営者の育成・強化 先端技術の活用の主体となる経営意識の高い経営者の育成や、将来の農林水産業の担い手である農林水産高校生・大学校生に対し、
先端技術の体験の場を提供するなど、スマート農林水産業を学ぶ機会を充実させる。
Cafe
Cafe
「農業データ連携基盤」っていうのはもう稼働していて、これからのデータ活用のプラットホームとなるものだね

農業データ連携基盤の仕組み
農業データ連携基盤の仕組み

出典:農業データ連携基盤の構築について 農林水産省技術政策室

Cafe
Cafe
実際に「WAGRI」っていうサイトが運用されていて、会員になると育成予測や土壌、気象などに関するAPIを取得することができるんだって!これすごくない!?
アルコ
アルコ
え、APIって…ナニ?
Cafe
Cafe
簡単にいうと、システム上で共通的に使用できる機能とかデータってことかな。
アルコ
アルコ
スマホで育成状況を管理…なんていうのは、こういうところのデータ取得があって可能となっているんだね。いずれにしても、いろんな「仕組み」は整っているから、あとは地道な取組次第ってことなんだね

日本再興戦略「攻めの農林水産業の展開と輸出力の強化」

Cafe
Cafe
基本的には「未来投資戦略2018」に基づいて色々な施策が動いているようだけど、同様の取組に日本再興戦略もあります。安倍政権の成長戦略として打ち出された政策「日本再興戦略2016」の中で『名目GDP600兆円に向けた官民戦略プロジェクト10』の施策が提起されています。その10の施策を見てみましょう。

 

名目GDP600兆円に向けた官民戦略プロジェクト10

「1.第4次産業革命(IoT・ビッグデータ・AI・ロボット)」
2.世界最先端の健康立国へ
「3.環境・エネルギー制約の克服と投資拡大」
「4.スポーツの成長産業化」
「5.既存住宅流通・リフォーム市場の活性化」
「6.サービス産業の生産性向上」
「7.中堅・中小企業・小規模事業者の革新」
8.攻めの農林水産業の展開と輸出力の強化
「9.観光立国」
「10.官民連携による消費マインド喚起策」

8番目に「攻めの農林水産業の展開と輸出力」を目指すと謳われています。
この中で設定されている目標と達成時期は次のとおりです。

いつまで 取組内容
2020年度に 6次産業市場を10兆円に拡大(2014年度:5.1兆円)
2020年に 農林水産物・食品輸出額1兆円を達成
2023年までに 農地の8割を担い手に集約
Cafe
Cafe
ちなみに「6次産業」っていうのは、農林水産を営む人(1次産業)が、食品の加工・流通販売までパッケージで行うビジネスモデル。農林水産の可能性を広げる取組と言われているんだ
アルコ
アルコ
なるほど~未来投資戦略と目標もほぼ同じだもんね…ってあれ、輸出1兆円の達成時期が年数違くない?
Cafe
Cafe
日本再興戦略は最新の改訂が2016年だから、達成期日は未来投資戦略の方が最新の情勢を反映しているのかもね。輸出額1兆円は1年前倒しになってるってことは、割と順調なのかも、この辺からも取組の進捗がうかがい知れるね

スマート農業の事例

アルコ
アルコ
ところでさ、スマート農業について、すでに個別の取組ってあるんでしょ?
Cafe
Cafe
実際に行われている取組ももちろんあるよ!確かに実際の取組を見ていくのが一番わかりやすいかもね。

GNSS自動操舵システム等の導入による生産コストの削減

http://www.maff.go.jp/j/kanbo/smart/attach/pdf/smajirei_2018-15.pdf
《特徴》
自動操舵システムにより経験の浅い従業員や家族もトラクター作業を担うことが可能となり、経営主の負担軽減につながる。また、作業時間自体が短縮されるため、作業するタイミングがあまり天候等に左右されないメリットもある。
アルコ
アルコ
無人走行ではないけど、匠の技に頼らない、ある程度誰でもすぐ出来るっていうのは、スマート農業の目指す方向性だと思う。

農薬散布用ドローンの導入による集落単位での水稲共同防除の実践

http://www.maff.go.jp/j/kanbo/smart/attach/pdf/smajirei_2018-14.pdf
《特徴》
地域が連携して農薬散布用のドローンを購入、各構成組織から人員を選出し、ドローンのオペレーターを育成。農家の負担軽減につながっている。
アルコ
アルコ
地域で連携してオペレーターを育成っていうのがいいね。広がりと未来への継続っていう点でよい取組なんだと思う!

水管理システムの導入による無農薬米生産の効率化

http://www.maff.go.jp/j/kanbo/smart/attach/pdf/smajirei_2018-7.pdf
《特徴》
水田センサーを60筆の水田に設置し、タブレット等の携帯端末から圃場の水位・水温・地温を確認可能。その効果として現場での見回り等を行う必要が低いため自宅から離れた場所(車で10分程度)に圃場がある農業者にとっては、かなりの労働時間の省力化につながっている。(ほ場見回り回数の例:導入前の1/3に減少)
アルコ
アルコ
これはスマート農業っぽいなぁ~。自宅で水田の様子を把握できるってステキ♪

まとめ

まとめ

TPPが発行され、今後私たちの生活の中にもその影響というのは、良い面でも、そうでない面でも見えてくると思います。またその影響というのは、消費者であるか、提供者側であるかによって裏表の関係にもなると思います。

今回はその一つの側面である「農業」にスポットをあてて考えてみました。

日本の農業は危ない、将来的に不安…といった声はよく聞こえてくる反面、普段食べ物に困っていない私たちは、問題としてなかなか実感しずらいとこもあります

TPP発行のこのタイミングで、農業を取り巻く様々なことを調べてみて、確かに問題は存在するけど、将来に向かって前向きな取組も進行していることが分かりました

日本の食べ物はやっぱりおいしいです。

ちゃんとブランディングを戦略的に行って、知ってもらえれば、稼げる分野になるのも可能だと思いますし、先端技術を使うことで少ない労働力を大きな果実を生むことも可能だと思います。正直現在の事例ではAI化等はまだまだだと思いますが、国、研究機関、民間、農業者が一体となって取り組んだ先、5年後くらいにはどうなっているか楽しみです!