時事問題

スマート〇〇を本気で調査!決定版の全25選

次世代モバイル通信規格「5G」の周辺が騒がしくなってきました。
というのも、当初は2020年からの導入予定だったところ、1年前倒しの今年2019年から一部での導入が検討されているからです。

5Gといえば、IoT化がより進む…IoT化といえば様々なモノがネットに接続され、生活が便利になるというイメージです。例えば色んな家電がネットにつながる「スマート家電」なんてものがよくいわれますね。

ここでふと思いました、そういえば「スマート〇〇」って最近よく聞くよなぁと。
そこで世の中にはどれだけのスマート〇〇が広がっているのか調べてみました。

調査した結果、想像以上に様々なスマート〇〇が生活に広がっていましたので、今回はその調査結果を皆様にお知らせします!

 

5Gの特徴

まずは、スマートな機能を実現する前提でもある「5G」について、基礎知識を整理します。

5Gの特徴

出典:5G利活用アイデアコンテスト 総務省

カフェラン
カフェラン
3Gから4Gになった時も通信早くなったから、今回もさらに速度アップするんですよね?
ししょー
ししょー
それが今回の5Gは速さだけじゃないんだよ。なんといっても、これから訪れる「IoT社会」の前提条件みたいなものだからね。主な特徴は次の3つだ

 

  1. 超高速
  2. 超低遅延
  3. 多数同時接続

 

①超高速

速度に関しては今の4Gの約100倍程度高速になるとされています。

様々なモノがネットにつながる社会になると、当然大量のデータトラフィックをさばく必要があるので、より高速化が求められます。

カフェラン
カフェラン
これは比較的わかりやすい。4Gになったときも、動画が見やすくなったりしましたから
ししょー
ししょー
そうだね、これはこれまでの進化の延長戦上かもね

 

②超低遅延

データ伝送時に発生するタイムラグが少なくなります。5Gによる遅延は約1ミリ秒程度であり、人間はその遅れをほぼ認識できません。タイムラグが解消されることにより、遠隔地での医療等も実現可能になります。

カフェラン
カフェラン
オンライン上のやりとりが、ほぼリアルタイムで出来るってことかぁ…確かに医療行為など、ミスが許されないような活用方法では前提となる技術かも

③多数同時接続

1平方kmあたり100万台の「多数同時接続」が可能になるため、文字通り、あらゆるモノをネットに接続できるようになります。

カフェラン
カフェラン
スマート〇〇ってネットに接続することで機能を発揮するものが前提だから、これも必須の技術だよね。

 

決定版25選!ありったけのスマート〇〇を学ぶ!

5Gの基礎知識を踏まえたところで、ここからはありったけのスマート〇〇をご紹介します!

①スマートフォン

これは今更いうまでもないですね。今や国民の8割以上に浸透している携帯機器です。

②スマートテレビ

テレビをインターネットに接続し、様々なサイトや動画を視聴することができます。

カフェラン
カフェラン
何を隠そう、我が家はスマートTV!テレビでYoutubeやhuluなど観れるので超便利!
ししょー
ししょー
スマートTVといえば、パナソニックビエラのCMを、民放が自粛するっていう騒ぎがあったね。こういう日本のTV局の考え方遅れてるよな。技術は進展しても既得権益とかしょうもないルールとか…

③スマートペン

紙に書いた情報をデジタル変換してPCやスマホに連携することができます。
直観的な入力デバイスとして人気があり、15,000円程度のものが普及しています。

④スマートスピーカー

音声によるAIアシスタントが、リビングや寝室といった日常生活の場で、様々な機器を操作してくれます。2017年に「Amazon Echo」や「Google Home」といったものが日本に上陸し、スマートスピーカー元年といわれました。

カフェラン
カフェラン
スマートスピーカといえば、アメリカで起こった夫婦の会話を誤送信しちゃったのを思い出すな
カフェラン
カフェラン
技術は進歩しても「使い方」次第ってのはあるな

⑤スマートグラス

スマートグラス出典:Ferret

眼鏡型のウェアラブル端末。スマホ等と連動し、実際の風景に各種情報を重ねて表示することができ、拡張現実(AR)を実現できる機器。

カフェラン
カフェラン
ドラゴンボールでいうとスカウター!
ししょー
ししょー
例えば中国では「社会信用システム」っていうのが実際に始まってて、これは人をスコア化するんだって。スコアがよければローンの金利が下がったり、逆に悪いと飛行機のチケットが取れなかったりもあるみたい。そのスコアが眼鏡越しに見えるとしたら…いやーなかなか怖い世の中かもねぇ

⑥スマートロック

スマートワイヤロック
出典:サンコーレアモノショップ

自宅等のドアキーを、スマートフォンにより遠隔でロックまたは開錠することができます。
大がかりな工事をしなくとも、既存のキーに取り付け方で実現することもできます。

類似品に「スマートワイヤーロック」というものもあります。こっちは自転車ワイヤーロックで、スマホアプリか開錠したり、Bluetoothdで近くづくだけで開錠できたりします。

カフェラン
カフェラン
これはすごくいいなぁと思って一時期導入を考えたんだよね。ただウチのカギはもともと電動キーでちょっと特殊だったから、当時は取り付けられるものがなかったんだよね

⑦スマート照明

スマート電球ともいいます。④で紹介したスマートスピーカと連携することにより、声で明るさの調整や消したり、付けたりすることができます。

⑧スマート窓

出典:YKK AP

有機ELパネルを搭載した窓で、窓とディスプレイの両方の機能を備えるもの。
空気を整えたりという窓としての機能と、ネットとつないで情報を表示するという機能があります。2020年の実用化に向けて開発進行中。

似たものに「スマートガラス」がありますが、こちらは通信機能はなく、電圧によりガラスの透明度を変化させるものです。

⑨スマートプロジェクター

出典:SONY Xperia Touch

壁などに投影した画面で情報を閲覧したり、タッチして楽器を演奏したり、動画を見れたりとアイデア次第で様々な使い方ができる商品です。

カフェラン
カフェラン
うわぁ~これは未来的!
ししょー
ししょー
技術的には昔からあったんだろうけどね。使い方の提案とか使い勝手とか、実用レベルまで落とし込めれば、生活の質が一歩進むんじゃないかと思う

⑩スマートホーム

これはもう、④~⑨あたりの機能を備えな家っていうことですね!

⑪スマートメーター

電気の使用量を計測するため、従来のように検針員が現地で直接メーターを確認するのではなく、自動的に計測、通信により把握できるようになったもの。電気についてはだいぶ切り替えが行われており、ガスや水道についても、その導入が検討されています。

カフェラン
カフェラン
ウチはもう切り替わっています
ししょー
ししょー
そういえば、最近紙の検針票を見ていないような?

⑪スマート道路

これから進展が期待される自動運転と絡む技術。米国Amzonが特許を取得しています。
自動運転車の走る車線をシステムにより指示するなどの使い方が想定されています。

⑫スマートカー

高度道路情報システムと連動することにより、車線を把握したり、車間距離を保ったりすることができます。まさにほぼ自動運転と同義ともいえるかもしれません。

⑬スマートバイク

スマートバイク 出典:VanMoof

オランダのメーカー「VanMoof」が開発した電動アシスト付き自転車。
どこらへんがスマートかというと、キーレスロック、盗難防止機能などなどが、すべてフレーム内に収まっていることから、とにかく見た目がよい。通信云々はないようですが、賢さと美しさを兼ね備えたスマートさです。

⑭スマート街灯

町中の街灯にデータ通信の機能を持たせることで、防犯カメラとして活用したり、無線LANの基地局としての機能を持たせられるようにするもの。
パナソニックなどが2020年の実用化に向けて進めています。

カフェラン
カフェラン
これなんかは、まさに5Gによる「多数同時接続」による賜物ですよね
ししょー
ししょー
基地局になるってことは、今以上に町中でWiFiが使えるようになるだろう。またライフスタイルが激変していくってこと

⑮スマート農業

カフェラン
カフェラン
これについては、こちらをご覧くださーい。はい、どんどんいきまーす
TPP発行!でも農業の進化もすごい!農業の課題とスマート農業の今を学ぶ!TPPが発行されたことで、関税が撤廃され、野菜とかお肉が安く買える、といった内容でニュースで報じられています。 輸入品が安く入って...

⑯スマートシティ

エネルギー消費、二単価酸素排出等の環境面、IoTでのデータ活用社会といった様々な先進的な取組を取り入れた街づくり。IoTによる行きついた先の街だと思います。
⑪~⑮あたりも当然含んだ街ですね。

スマートシティの実現に向けて(中間とりまとめ)」国土交通省

⑰スマートウエア

衣服の繊維に電動素材を組み込むことで、様々な情報を取得できるようにした衣類です。
例えば、着用者の心拍数計測、心電図データ取得、カロリー消費量測定など。

⑱スマート帽子

出典:ZEROi

スマートキャップとも呼ばれます。
「Bluetooth骨伝導イヤホン」により、被るだけで電話できたり、音楽を聴いたりできます。

カフェラン
カフェラン
あーこれ欲しいなー。外で音楽よく聴くけど、イヤホンしなくてもいいのがよい。骨伝導って体験したことないけど、同時に周囲の音は聴けるのかな?
ししょー
ししょー
周囲の音も聞こえるらしいよ

⑲スマートヘルメット

スマートヘルメット出典:ヤングマシン

ヘルメット内にナビゲーション情報を表示するなどして、視線の移動が最小となることで安全性を高めたもの。NSウエストとSHOEIが開発を進めています。

⑳スマートシューズ

靴に各種センサー(加速度センサーや角速度センサー)と通信機能を組み込み、歩行を分析することで、糖尿病や認知症などの早期発見、予防対策を目指すとしているものです。
沖電気工業などが開発し、現在実証実験等を進めています。

カフェラン
カフェラン
さっきのウェアといい、こっちの靴といいなんてハイテク。特段意識しなくても何らかの異常を検知してくれるって、これまでなかったものだと思う。
ししょー
ししょー
今注目されている「未病」へも役立ちそうだな

21 スマートバック

出典:F・L・B FASHION

通信機能はありませんが、様々な機能が内蔵された多機能リュックです。

22 スマートコップ

Vessyl」という製品は、飲み物をそそぐと、その成分等が瞬時に把握され、ワイアレスで接続された端末に記録されていくという優れものです。

ししょー
ししょー
これもヘルスケア用途の製品としては革命的かもしれないな。例えばダイエットとかで、摂取した糖分とかカロリーが数値として把握できるわけだから
カフェラン
カフェラン
アルコールの制限も同じ流れで出来そうですね。例えば今は「休肝日を設けましょう」的な話で終わりのところを、具体的な数値でやり取りできたり

23 スマート楽器

出典:INDEGOGO

米国で発売されている「誰でも弾けるウクレレ」という触れ込みのスマート楽器。
この楽器はスマホと連動しており、弾きたい曲によって指板のLEDが光る仕組みです。
チューニングもスマホにより行うことができます。

24 スマートロッカー

ロッカーのカギを開けるのも閉じるのも、スマホで行うことができます。
また、電子鍵を送信することもできるので、荷物の配達などもロッカーを介して行うことができます。「SPACER」が有名です。

25 スマートストア

AmazonGoで有名になったスマートストア。基本的には無人の店舗で自動会計等を行う仕組みの店舗です。日本でも「トライアルカンパニー」等が実証実験を進めています。

 

まとめ

きっとまだあると思いますが、ひとまず25のスマート〇〇をあげてみました!

ししょー
ししょー
ちょっと後半駆け足すぎたんじゃないか
カフェラン
カフェラン
さすがにちょっと疲れまして…
ししょー
ししょー
でも、スマート靴やスマートコップ、ウェアのように健康管理に使えそうなものは、もっと早く広まっても良いと思ったな
カフェラン
カフェラン
確かに。使う人が多ければ、価格的にも下がってくると思いますし

スマートフォンのように実生活に浸透しきり、もはやそれなくては生活が成り立たないようなものから、スマートスピーカーのように生活に入り込みつつあるもの、また、まだまだ実証段階のものまで様々ありました。

こういったテクノロジー進化の話の裏には、制度とか運用、セキュリティといった話が付いて回り、それが障害となってなかなか普及につながらないといったケースもこれまで多くありました。しかし、今後5Gの導入もあり、この流れはさらに加速していくものと思います。

是非今後もアンテナを張りつつ、生活に取り入れられるものは積極的に取り入れていきましょう。