子どもの生活

子供のお小遣い事情 全国アンケート結果と我が家のスタイル

お子様のいらっしゃる皆様、お小遣いはどのように与えているでしょうか。
お小遣いの開始年齢、与え方、金額、きっとそれぞれの家庭の数だけ、バリエーションがあるのではないでしょうか?

今回は世間一般におけるお小遣い事情と、我が家のスタイルについてご紹介したいと思います。今後のお小遣いのあげ方に関する参考となれば幸いです。

アルコ
アルコ
ウチのやり方って珍しいかなぁ
Cafe
Cafe
どうだろ?まずは世の中の傾向を調べてみようかね

子どものお小遣い事情に関するアンケート結果

アクトインディ株式会社が運営する「いこーよ」というサイトで、子どものお小遣いに関するアンケートを実施しています。(全国の父母417名を対象としたアンケート)

子どものお小遣い事情に変化の兆し 子どものお小遣いに、見えないお金

アンケート結果をざっくり要約すると…

アンケート結果要約

《お小遣いをあげている年齢》
小学校低学年:40%、高学年:60%、中学生以上:70%

《金額》
小学校低学年:100~500円未満が最多の56%
小学校高学年:100~500円未満38%と500~1,000円未満30%が拮抗
中学生以上:3,000~5,000円未満が最多の24%

《お小遣いをあげる親の悩み》
適正な金額が分からない  :37%
正しいお金の使い方の教え方:20%

アルコ
アルコ
なるほど~、この結果自体、受け取り方がそれぞれ違うだろうね。金額を多いとみるか、少ないとみるか…
Cafe
Cafe
アンケート結果からもわかるけど、親自体が適正ってどれくらいなんだろう?って悩んでいることも多いみたいだね。

「子ども」と「お金」に関して思うこと

子どもとお金

たかがお小遣い…ではありますが、小さい頃に身に付いた金銭感覚って大人になってからも大いに影響すると思うのです
もちろん、金額の大小ではなく使い方も含めた習慣といった方がいいかもしれません。
また、親の金銭感覚の影響も受けると思います。

日本人は大っぴらにお金のことは話さない傾向にあり、昔からそれが美徳とされていましたが、これからの時代、やはりしっかりとした金銭感覚を身に着けていかないと厳しい時代になるのではないでしょうか。年金を始めとした社会保障、保険、医療…自己防衛がより求められてきます。

我が家のお小遣いスタイル

と偉そうなことを言っているCafe家はどうなんだ?という話ですが、
我が家では「お手伝いによるポイント制」を導入しています。
つまり、ひと月いくらの定額制ではなく、完全歩合制とことです。

ポイント制導入のねらい

このスタイルは長女が小学校入学を機に夫婦で話し合って始めました。
そう、我が家では定額制を適用したことはないのです。
このポイント制のねらいは、おおよそ次のとおりです。

ねらい

・頑張った人が報われる、ということを体感してほしい
・お金を得るのは大変だ、ということを体感してほしい
・お手伝いを通じて家族の協力関係を高めたい

Cafe
Cafe
だいたい上記の感じじゃない?
アルコ
アルコ
あとは自分で稼いだんだから、無駄遣いもある程度防げるかも、という期待もあったね
Cafe
Cafe
そうそう。あとはたまにお金ない~って声を聞いたとき、「何を言ってるんだ!チャンスは無限に広がっているじゃないか!」っていうと黙るっていう(笑)」
アルコ
アルコ
それ、あるあるだねww

 

具体的なやり方

①お手伝いの種類とポイントを決める
まずは、子どもが手伝えるお手伝い内容を洗い出し、その難易度や負荷に応じてポイントを設定します。ポイントは1点10円です。

②お手伝い集計表を掲出
部屋の中に「お手伝い集計表」を掲出し、お手伝い完了後に自分でポイントを記入します。基本的には自己申告です。こちらが実際の集計表です。
お手伝いポイント集計表

③月末に集計、お小遣い授与
月末に父が集計し、家族集合の際に今月のポイント発表、そしてお小遣いを手渡しします。高ポイントを達成した場合は「がんばったね!」「引き続きこの調子でいってみよう」などの声掛けを行います。

Cafe
Cafe
このやり方をずっと継続しているけど、はっきりと不満を言われたことはないね
アルコ
アルコ
そうだね。何だかんだいいつつ、お手伝いもするし、やはり小さい頃からの取り組みだからもう習慣レベルなのかもね
ジュー
ジュー
でも私は単価アップの話したじゃん、もう中学生だよ!?お手伝い一つに1点はないわ~
Cafe
Cafe
だからそれは言ってるじゃん、それならお手伝いのクオリティも中学生レベルに上げなさいって。そういう要望をちゃんと言ってきたら検討するって
ジュー
ジュー
うーーむ
みるく
みるく
僕は勉強ポイントで稼いでいるからね~
Cafe
Cafe
そう、勉強ポイントがあるのもポイントだよね。勉強をがんばるモチベーションにもなるという。がんばると、ひと月1,000円超える月もあるもんね
アルコ
アルコ
でも、お手伝いの波はあるけど、素直にがんばっているなって思えるし、私たちのねらいは通じてるのかもね
Cafe
Cafe
そうだね

 

 

…と順調そうにいいつつも

Cafe
Cafe
最近はおじいちゃん、おばあちゃんから貰うお年玉、誕生日、その他お祝い、テストがんばった賞等でゲットした比較的まとまったお金でやりくりすることを覚え、こまめなお手伝いが滞りがちです(^^;
まぁでもそれもお金の計画的使用と捉えれば、アリ?なのかなぁとも思ってます

 

まとめ

まとめ
先ほども述べたとおり、これからの時代は特に金銭感覚が重要になってくると思います。
でも「金銭感覚」って学校では教えてくれませんよね。
そもそも、何が良い金銭感覚で何が悪いのか
こればっかりは、一概に言えません。

ただ、個人的には思うのは、
・無駄使いしない
・必要なものにはお金をかける
・計画的に使う、貯める

といった感覚が少しでも身に付けば、いいなぁと考えています。
上のことをがんばって守るのではなく、無意識レベルでやっていれば理想です。
ようは昔から言われている普遍的なことですね!

こういった感覚を養うのに、お手伝いポイント制が有効なのかは、将来になってみないとわかりませんが、今のところ楽しんで?やっているので、この調子で続けていきたいと考えています。