政治・経済

Society5.0 国が主導する少し先の未来 いつまでに何が実現するのか

みるく
みるく
お父さん、学校の図書室で読んだんだけど「ソサエティ5.0」ってどういうやつなの?なんか、ドローンとか使って面白そうなんだけど
Cafe
Cafe
Society5.0のことだよね。最先端の技術を使って、これから日本をこうしていこうっていう取り組みだよ。

Society5.0の概要

Society5.0は内閣府のホームページで、次のように定義付けられています。

 

サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)

狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、新たな社会を指すもので、第5期科学技術基本計画において我が国が目指すべき未来社会の姿として初めて提唱されました。

引用:内閣府ホームページ

 

ソサエティ5.0への流れ
Society5.0では「超スマート社会」を目指すとされています。

まずは政府の作成した広報動画を見てみましょう。

Society4.0の情報社会では、様々な情報がコンピュータに蓄積されるようになりましたが、それらを活用するためには、自分らちで情報を選んで、分析や判断を行うことが必要でした。加えて、情報はサイバー空間だけっていう限定的なものでした。

Society 5.0では、IoT(Internet of Things)で全ての人とモノがつながり、様々な情報が共有されることで、色んな付加価値を生み出すことができるのです。
ポイントは、実際のロボットや家電、自動車等とつながることで、サイバー空間だけの世界ではなく、まさに今の世界の延長線上がガラッと変わる可能性を秘めているところですね。

みるく
みるく
超スマート社会ー?
Cafe
Cafe
いろんなモノがインターネットにつながって制御できたり、助けてくれたりする社会なんだけど…そうだな、みるくのゲーム機もネットにつながって世界中の人と遊べるでしょ?それも一つじゃない?…かな?
みるく
みるく
なるほど!なんとなくは分かったけど、他には例えばどんなことが変わるの?
Cafe
Cafe
それじゃ、今進めていることを具体的に見ていこうか
アルコ
アルコ
どうせなら、それぞれ実現を目指している時期まで分かればよりイメージできるんじゃない?
Cafe
Cafe
確かに!それも調べてみようー!

 

個別の取り組みと目標時期

未来投資戦略2018」という政府の資料に、Society5.0として取り組むべく個別の具体的施策が明記されています。
ここではその一部について、取組内容と目標時期をあげていきます。

次世代モビリティ・システムの構築

無人自動運転による移動サービスの実現と、それを運用するための法制度整備を併せて構築しようという取り組みです。
ポイントは自動車の技術面だけでなく、交通ルールや責任関係も一緒に構築していくってことです。交通ルールについては同じく無人運転を推進している関係国とも協調していくようです。また責任関係は、民事責任や刑事責任のあり方、データ記録装置の設置義務化等を検討していくとしています。

いつまで 取組内容
2020 年目途 公道での地域限定型の無人自動運転移動サービスが開始
2020年に 自動ブレーキが、国内販売新車乗用車の 90%以上に搭載
2020年に 安全運転支援装置・システムが、国内車両(ストックベース)の 20%に搭載、世界市場の3割獲得
2030年までに 地域限定型の無人自動運転移動サービスが全国 100 か所以上で展開
2030年に 安全運転支援装置・システムが、国内販売新車に全車標準装備、ストックベースでもほぼ全車に普及
みるく
みるく
2020年って、あと2年くらいまでに車が自動で運転してくるの!?
Cafe
Cafe
割と近い未来なんだよ。実際に羽田空港や臨海地域等で、完全自動運転に向けた実験が可能となるように、いろんなインフラの整備を進めているんだ
みるく
みるく
うひゃあ~~

次世代ヘルスケア・システムの構築

個人の健診・診療・投薬情報を、医療機関等の間で共有できるようにしたり、オンラインでの医療(服薬指導含む)の充実に向けた制度的な対応を整備、また、介護分野にはICTの導入を推進していきます。
それらの目的として、健康寿命の延伸を目指しています。

いつまで 取組内容
2020 年までに 国民の健康寿命を1歳以上延伸
2020年度までに 400床以上の一般病院における電子カルテの普及率を90%
2020年度から 全国的な保健医療情報ネットワークを本格稼働
2025年までに 国民の健康寿命を2歳以上延伸
みるく
みるく
ちなみに「ICT」って何?
Cafe
Cafe
ITって知ってるよね?ITに「コミュニケーション」のCを加えてICT。意味はほぼ一緒だけど、国際的にはITよりもICTのほうが普及しているんだって
アルコ
アルコ
それにしても、カルテが病院間で連携できたらすごい楽だし、無駄がないね!楽しみ~
健康寿命を延ばす!? 国・自治体の取り組みについて健康寿命って耳にしたことありますか? 最近よく聞くこの言葉は、平均寿命と異なり、「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活で...

 

次世代産業システム

モノのサービス化・ソリューション化として、例えば製造業などにおいては、各企業がそれぞれに独自に構築しているデータ共有等の枠組み連携することで、素材企業の開発力及び提案力を強化できるような整備を行ったり、ロボットをもっと社会に溶け込ますための、技術、法整備、またそれを推進する人材育成・確保等を行っていきます。

いつまで 取組内容
製造業の労働生産性について年間2%を上回る向上
2020年までに 工場等でデータを収集する企業の割合を 80%に、収集したデータを具体的な経営課題の解決に結びつけている企業の割合を 40%にする
2020年の ロボット国内生産市場規模を製造分野で 1.2 兆円、サービス分野など非製造分野で 1.2 兆円
みるく
みるく
ロボットーーー!!!
Cafe
Cafe
2020年には「ワールド・ロボット・サミット」を開催して、世界とロボット技術を競うんだって。技術はものすごい勢いで進歩しているよ
みるく
みるく
2020年ってなんかすごいなー

エネルギー転換・脱炭素化に向けたイノベーション

温室効果ガスの国内での大幅削減を目指すため、エネルギー・環境投資の拡大を図り、イノベーションの成果を活用してエネルギー・環境施策、関連産業の高度化を推進するとしています。

いつまで 取組内容
2020年4月1日 電力システム改革の最終段階となる送配電部門の法的分離を実施する
2020年度までに 商用水素ステーションを160 か所程度整備する
2025年度までに 商用水素ステーションを320 か所程度整備する
2030年までに 乗用車の新車販売に占める次世代自動車の割合を5~7割とすることを目指す

 

FinTech/キャッシュレス社会の実現

ブロックチェーン技術の登場により金融の世界も新しい流れを生まれています。それらの流れを加速させるため、関連法制の見直しやインフラの整備などを進めていきます。
また、現金処理コストの削減による事業者の生産性向上、消費者の支払いの利便性の向上等を実現する観点から、キャッシュレス社会の実現を目指すとしています。

いつまで 取組内容
2020年6月まで 今後3年以内に80 行程度以上の銀行におけるオープン API の導入を目指す
2022年6月まで 今後5年間に、IT化に対応しながらクラウドサービス等を活用してバックオフィス業務(財務・会計領域等)を効率化する中小企業等の割合を現状の4倍程度とすることを目指す
2027年6月までに 今後 10 年間に、キャッシュレス決済比率を倍増し、4割程度とすることを目指す
みるく
みるく
オープンAPIってどういう意味?
Cafe
Cafe
普通は銀行同士でデータのやり取りをするんだけど、オープンAPIを使うことで、金融機関以外の会社と色々連携して、新しいサービスなんかを始めることができるんだ

 

農林水産業全体にわたる改革とスマート農林水産業の実現

地方の多くは農林水産業を基幹産業としていますが、少子高齢化により担い手が不足するなどの危機に直面しています。
こういった課題に対して、産業全体に対して先端技術の実装を図ることで、生産性などを高めていくこととしています。

いつまで 取組内容
2019年に 農林水産物・食品の輸出額1兆円を達成する(2017:8,071 億円)
2023年までに 全農地面積の8割が担い手によって利用される(2017 年度末:55.2%)
2025年までに 農業の担い手のほぼすべてがデータを活用した農業を実践
アルコ
アルコ
担い手のほぼ全てがデータを活用した農業を実践するっていうのは、今の常識からすると、かなりハードルが高い目標に思えるね。田舎のおじいちゃん、おばあちゃんまで浸透できるのかなって
Cafe
Cafe
データを活用する取組にスマートフォンを用いた栽培等のシステム管理がある一方で、自動走行農機等の導入っていうのもあるよ。例えば自動走行するトラクターとかね。そういうのもひっくるめ「スマート農業」として推進していくみたい。
アルコ
アルコ
ああ、そういうのだったらイメージできるし、単純に作業が助かるだろうね
Cafe
Cafe
2025年だから約7年後かな?それだけの期間があれば、結構見える景色も変わっているんじゃないかな?
TPP発行!でも農業の進化もすごい!農業の課題とスマート農業の今を学ぶ! https://manabiba.work/society/ スマート農業等に関する参考資料 ...

まとめと雑感

まとめ

Society5.0により進められている取り組みの一部をまとめてみました。自動運転、ブロックチェーン、ICT、AI、キャッシュレス…どの取り組みも日頃耳にするワードばかりです。

これら次世代技術は、もう「次世代」ではなく、現在進行形で、しかもものすごいスピードで進化しています。その進捗はSociety5.0を始めとした政府の方針に基づき、官民一体となって進められていることが分かりました

もちろん解決しなければならない課題もたくさんありますが、なにより夢がありますよね
個人的には、国内の色々な問題をクリアするため、そして世界をリードしていくためにも、政府が戦略に基づいた未来地図を描くのはものすごく重要なことだと思います。
一人ひとりが、ちょっとでもこういうことを知っていれば、より取組が効率よく進んでいくんだろうと思います。

今度はより個別なテーマ、取り組みを掘り下げてみたいな~と思っています。

アルコ
アルコ
2020年っていうのは東京オリンピック・パラリンピックの年だけど、生活の変化っていう面でも大きな区切りだね
Cafe
Cafe
本当にね。世界に日本の技術もアピールしたいね